Slack APIでbotを作る3: Attachments編

Slack APIでbotを作るための解説その3