フェニワン2台をダンボールで囲んで少し静音化した

Game

rice_Place 氏の「アケコン用の防音ボックスをDIYした話」を読み、ダンボールでも約 5db ほどの効果が出ることを知ったので、とりあえず現在使用中の 2 台を囲んでみることにした。

フェニワンは打鍵音がめちゃんこぽえぽえなので、以前も静音化をしてサラッと検証した。でも検証が録音だけで、壁に跳ね返った音を拾っているのだから、そりゃうるさいに決まってた。
もうちょっと細かく調べてみることにした。

※この記事は DP 環境向けです。素人の測定なのでアテにならないところもあります。

tl;dr

  • 等価騒音レベル 4〜5db ぐらいは小さくなる
  • クロネコボックス 14 をカスタマイズするのが良さそう
  • ダンボール+吸音スポンジはウォーズマン理論になり効果が薄い

なんでダンボール

DIY する気力がなかった。2 台分の箱を用意するとなると、テレビ台作るレベルになってしまう。
あと、普段はクローゼットにしまうので、手軽に持ち運びできるダンボールが良かった。

DP は腕の可動域が広めなので、横倒した時に少し高さがあるものがいい。
そこで、サイズ的にちょうど良さそうな、クロネコヤマトの宅配用ダンボール「クロネコボックス14」を購入。

フェニワン二台を二箱のクロネコボックス14に入れてテーブルの上に載せている

2 箱で 660 円。直営店やクロネコマーケットで買える。

ダンボール自体には遮音性能はないものの、ほんの少し吸音性能がある。
静音化フェニワンに感じるうるささは、ボタンと枠のあそび、打鍵から戻る時の中高域のガチャガチャだと思っているので、それが少しでも減らせたら OK。

計測1: MIN と MAX

最初に、うるさいと思った 3 つのシチュエーションを 5 秒ほどやる。
ダンボールなし、ダンボールあり、ダンボール+吸音材でそれぞれの MIN と MAX を出す。

  • 14鍵全押しバンバンガチャガチャする
  • 「カジノファイヤーことみちゃん(A)」の同色階段+縦軸
  • 1鍵を全力で16分縦連打

騒音計は、フェニワンから約 1m 奥に iPhone を置いて、アプリで測定。
アプリは米国連邦政府の NIOSH が開発している NIOSH SLMを使用した。

参考までに、部屋が静寂な時は約 32 db、0.5m 以内で PC のファンが回るときは約 42 db、扇風機を約 2m 離して強で回した時が約 51 dbだった。

1. ダンボールなし

現在のフェニワンは、2 台ともボタンの接点にフェルトを貼り、バネにシリコンスプレー、内部は少々パテ埋めをしている。その状態でポリエチレンの緩衝材を敷き、ダンボールで囲まず計測。
※単位は db

やったこと MIN MAX
ガチャガチャ 61 69
高速同色階段 62 67
16分縦連 58 63

結構うるさかった。
ちょっとガチャガチャするだけで 60 台。プレイ中必死な時は 70db を超えるのかもしれない。
音が 2 つ同時に出ると単体より 3db 上がるらしいので、DP ちょっと不利。(参考: 音圧レベルは対数 log で | いずみ過去問研究所)

2. ダンボールのみ

クロネコボックス14に入れる。

1P 側のケーブルが PC に届かなくなってしまった。
後ろに穴を開けるとそれはそれで吸音性能が落ちそうなので、全面に切り込みを入れて、ケーブルを通せるようにした。

この状態で計測してみる。
(表中の括弧の数値は、前の結果との差分)

やったこと MIN MAX
ガチャガチャ 58(-3) 62(-7)
高速同色階段 55(-7) 57(-10)
16分縦連 55(-3) 58(-5)

改善された。
特にガチャガチャの効果が高いのは、鍵盤の反響が抑えられているからだと思う。

3. ダンボール+吸音材

ダンボールの中身をウレタンの吸音材で囲む。 吸音材は rice_Place 氏のブログで紹介されていたものと同じものを用意した。
圧縮されているけど、水につけてしばらくたてば元に戻る。

サイズは、内寸的にギリギリな 3cm を使用。1 箱に 8 枚、計 16 枚使った。

横幅がほぼピッタリ。前方に若干余裕ができたものの、テーブルの端に置いた時の奥行きがなんとなく AC での距離に近そうなので、このままにしておく。

この状態で測定した。

やったこと MIN MAX
ガチャガチャ 55(-3) 60(-2)
高速同色階段 55(0) 58(+1)
16分縦連 54(-1) 58(0)

苦労というかコストに見合わず、そんな変わらなかった。
ダンボールの吸音とスポンジの吸音が合わさるという、ウォーズマン理論が敗北なのかも。

計測2: LAeq

次に INFINITAS で実際に曲をプレイして、それぞれの等価騒音レベル(LAeq)を出す。
等価騒音レベルは、生活騒音の測定でも使われる、db の時間平均値である。
ダンボールだけで計測するのを忘れていたので、ダンボールなし、ダンボール+吸音材の 2 パターンのみ。

まず、鍵盤の音がどれぐらいの騒音レベルなのか調べるため、40 秒間全押しガチャガチャした。
表は、一応 MAX 値も載せている。

やったこと LAeq MAX
そのまま 58.3 68.1
ダンボール+吸音材 54.1(-4.2) 63.5(-4.6)

次に「DXY!(A)」両乱をダンボールに入れない状態で 1 回、入れた状態で 2 回プレイした。
これを選曲した理由は、無理皿絡みで着地が多くなりがち、1P 側の同時縦連など、どう考えても騒音にしかならない要素がたくさんあるため。
2 回やったのは、最初の配置が当たってしまいやや手抜きになったため。

やったこと LAeq MAX
ダンボールなし 60.6 68.1
入れて1回目 55.2(-5.4) 64.5(-3.6)
入れて2回目 56.5(-4.1) 64.9(-3.2)

ダンボールだけでも、約 4~5db 低減されることはわかった。
一応、ダンボールを被せた状態で、テキトーに何曲か計測してみた。
平均が 60db 台を下回る結果となった。

やること LAeq MAX
☆10 Best of Me(A) 51.7 62.7
☆11 Battleground(A) 53.2 70.8(ノイズ拾った?)
☆12 AA(A)両乱 54.8 61.9
☆12 天空の夜明け(A)両乱 56.5 63.3

感想

5db 減るだけでも約 1.78 倍もの差があるらしい。(参考: デシベル計算
毎回 60 台から 70 出てしまうと、RC の壁はともかくサッシから音が漏れてしまうので、55 前後に収まるのはなかなか良さそう。
さらに効果を高めるなら、遮音しかない。でも、RC で昼間やるぶんには問題ないかと。

欠点は、コントローラー間に仕切りができたので、オプションが設定しづらくなったこと。
自分が MIRROR や RANDOM を設定する時は、設定する方と逆サイドのスタートボタンを押す→設定する方の手で操作する流れになるので、それを片手でやるハメになった。

Share

カテゴリー

年月別

grgr-dkrk

Web エンジニア新人です。