クロノクロスライブに行ってきました

2019年11月19日、プレイステーション用ゲーム「クロノ・クロス」が発売20周年を迎えます。
それを記念して、コンポーザーの光田康典氏によるライブ「CHRONO CROSS 20th Anniversary Tour 2019」が開催されることとなりました。
その1日目となる豊洲PITでの演奏に行ってきたので、感想です。
ライブのガイドライン上、詳しい曲目には触れません。

クロノ・クロスとは

スーパーファミコン用ソフト「クロノ・トリガー」の続編にあたる作品です。

「クロノ・トリガー」には続編として、「ラジカル・ドリーマーズ -盗めない宝石-」という作品がありました。
かつてはサテラビュー(衛星放送)で遊ぶことができましたが、今ではその作品を遊ぶことができません。
「クロノ・クロス」は、その「ラジカル・ドリーマーズ」の世界観を継いだ作品となっています。

ゲーム自体は賛否両論なのですが、光田氏が手がけるBGMの評価が高く、今でも根強いファンが多いです。
(もちろん、自分もそのファンの一人です)

開場前

豊洲PITの看板の写真

当日は、約3,000人が来場しました。
会場前は混雑しており、外の晴海大橋まで行列ができていました。
「クロノ・クロス」のファンが一堂に会するのは、令和の時代でなくとも考えられないことなんです…。

惜しむらくは、入場整理の不備でした。
なにしろ、整理番号1000単位で列を形成するのに対し、入場は10人単位。
若い番号から前に出る旨の指示があったのですが、混雑していたので前に出られませんでした。
結果としてはなかなか列が進まず、スタートが20分以上遅れました。
開場20分前の時点で捌けていたのが600人だったので、周りの方も不安を抱いていました。

開場前の様子。混雑している。開始10分前なのにまだ1500番目

ライブ

全編通してスタンディングで、2時間半近くの演奏を楽しみました。
「クロノ・クロス」の音楽は牧歌的なものが多く、お酒を飲みながら演奏をまったりと楽しむ…そんな印象だったのですが、ライブということで演奏者の方々がアグレッシブに演奏されており、会場のファンもノリノリ。
良い意味で期待を裏切られました…。

原作愛に満ちた演出も、会場を盛り上げてくれました。
プレミアムチケットの特典としてペンライトが配られるのですが、この色は6種類あり、ゲームで使用される属性に対応しています。
とある場面のみ、これを振り回すことが許可されるのですが…ゲームをプレイしたことがあれば、どんな場面なのかなのは察しがつくかと思います。
この時のパフォーマンスは、色々な意味で必見です!
(自分の先天属性は赤でした)

終わり

クロノシリーズのイベントは数あれど、「クロノ・クロス」単体で盛り上がれるイベントはそうそうありません。
最高の演奏を提供してくださったスタッフの方々と、一緒に楽しんでくださったファンの皆様に感謝です。

クロノ・クロスライブの特典で付いてきたチャーム、ペンライトの写真。購入したステッカーをMacに貼りました。